So-net無料ブログ作成

「ジブリパーク」基本合意締結、その内容は? [テーマパーク]

l_miya_1906ghiblipark02.jpg

「ジブリパーク」基本合意締結 「もののけ姫」のタタラ場や「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」をイメージした空間も - ねとらぼ

以前お知らせした愛知県・長久手市の愛・地球博記念公園をリニューアルして、できるという「ジブリパーク」に関して新しい情報が入ってきました。

今回は、2022年秋の開業に向けて、スタジオジブリおよび中日新聞社と基本合意書を締結したことを発表したのですが、その合意書に記載された内容で、テーマパークの概要が明らかになりました。

テーマパークの運営に関しては、スタジオジブリと中日新聞社が共同出資して設立する新会社が担う形となるそうで、中日新聞社(関東では東京新聞と提携)が出資するのは、プロモーションの上でも大きな力となるでしょう。

さて、エリアは大きく分けて5つあるようです。

1.青春の丘エリア
来園者を迎える入門ゲート近くには、ジブリパークの象徴「青春の丘エリア」ができます。
「耳をすませば」の「地球屋」を再現し、また既にあるエレベーター棟は「ハウルの動く城」などの“19世紀末の空想科学”をイメージした改装が行われるそうです。

2.ジブリの大倉庫エリア
次に温水プールを営業していた場所は、ジブリ作品等の保管・保存する“倉庫”らしさと懐かしさを感じる「ジブリの大倉庫エリア」に変わるそうです。展示室や遊び場、売店、喫茶などの施設が整備されます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域