So-net無料ブログ作成

次の世界遺産は何? [観光行政]

ef517e86-04c1-11e8-b3d8-06326e701dd4.jpeg

仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」世界文化遺産へ登録決定 - ねとらぼ

先日、仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」が、世界文化遺産に登録勧告されたことをお知らせしたが、7月6日にようやく正式に登録されたそうです。

仁徳天皇陵は、最近、誰の墓なのか諸説あり、確定していないことから、教科書では大仙陵古墳または大山古墳と呼ばれているという豆知識を聞いたことがありますが、世界文化遺産への登録では、宮内庁が仁徳天皇のお墓として管理している現実を踏まえ、おそらく、その方が、登録に有利と考えたのか、「仁徳天皇陵」という名称で登録手続きを行ったようです。

また、仁徳天皇陵というと、子供のころ、遠足で行った記憶はあるのですが、ご存じの通り、あまりに巨大なため、うっそうと木が茂った丘のようなものが見えるだけで、子供には全く面白いものではなかったなぁ。

実際、観光という面ではこれは大きな問題のようで、その解決案として、VRを活用したり、気球を飛ばして陵墓全体が見えるツアーなどの計画もしているようです。

これで、国内の世界遺産は23件目で、文化遺産19、自然遺産4となりました。

さて、世界遺産の審議は、今は毎年一国一件の縛りがあるので、来年は、日本は何の登録を狙っているのかが気になるところです。

奄美・沖縄の世界遺産再推薦を閣議了解 来年登録狙う - 沖縄:朝日新聞デジタル

東京新聞:奄美・沖縄を再推薦へ 世界遺産20年登録目指す:政治(TOKYO Web)

調べると、自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の登録を狙い、準備を進めているようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域