So-net無料ブログ作成

招待券がよく出回るミュージアム [お得情報]

最近、オークションやネットフリマサイトで、ミュージアムなどの招待券や割引券を探すことがよくあるのですが、出品されているチケットを見ていると、めったに招待券が出ているのを見ないミュージアムもあれば、やたら大量に流通しているミュージアムもあります。

この違いはどこから来るのかな?と思ったのですが、しばらく観察しているうちに、次第にその理由が分かってきた気がします。

招待券が、大量に流通しているミュージアムには、次のようなケースが多いようです。

1.企業が運営にかかわる、後援しているミュージアムで、その企業が、株主優待として配布したり、顧客に配布したりするケース

・日本郵船歴史博物館
・Bunkamuraザ・ミュージアム&五島美術館(東急電鉄)
・ポーラ美術館
・パナソニック汐留ミュージアム
・東洋文庫ミュージアム(三菱系企業)
・静嘉堂文庫美術館(三菱系企業)
・三菱みなとみらい技術館 などなど

人が株を買う理由は様々だし、法人が買う場合もあり、そうした人たちが直接本業と関係ないミュージアムに興味があるとは限らないため、株主優待で貰っても使わないため、大量に出回るのでしょう。

2.デパートが経営にかかわるミュージアムや、主催する特別展の招待券を、法人顧客、外商顧客、友の会会員などに配布するケース

・そごう美術館
・新宿高島屋、松屋銀座などの催し物として開催される企画展

これも、デパートとしては、デパートに来て買い物をしてくれるのが第一目的で、企画展などは、その呼び水と考えているためか、大量に出回るケースが多いようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域