So-net無料ブログ作成
クーポン・チケット ブログトップ
前の5件 | -

美術館割引アプリ「ミューぽん」を試用中 [クーポン・チケット]

毎週末のように、美術館や博物館などの観光施設や、イベントを見に行っていると、少しでも有料施設の入場料を節約したくなります。

アートイベント系サイトなどのプレゼントに応募したり、新聞販売店からもらったり、オークションやネットフリマを活用して、招待券を安くで入手したりと、様々な手を尽くしてはいますが、こうした手段で、割と容易に割引券や招待券などが手に入る施設もあれば、全く出回らない施設もあることが分かってきます。

前者には、大手企業系の施設で、株主優待特典で招待券が出回っているケースや、デパートの主催イベントでデパート会員に招待券を配っているなどがケースが多いようですが、中には、人気がイマイチで割引券や招待券をばらまかざるを得ないような施設もあるようです。

どこか行きたい施設や、イベントに、割引制度がないか調べたいときに、最近よく使うのが次のサイト。

全国レジャー施設割引情報

個人ブログなので、何から何まで網羅されているわけでも、すべてが常に最新の情報にアップデートされている訳でははありませんが、とにかく、掲載されている施設に関しては、

・団体割引や、障がい者割引
・年間パスポートなどの会員制度による割引
・ウェブなどで容易に手に入るクーポン
・何らかの会員や、カードを持っている人の特典割引
・有料のクーポンサービス加入で手に入るクーポン

などが網羅されていて、自分の属性に照らし合わせながら、その施設の割引が受けられるかどうかが一発で分かるのです。
ここに載っていなければ、一般料金で入るしかないな、と諦めることができます。
もちろん、あらゆる施設の情報が掲載されているわけではありませんが、もし掲載されていれば、その施設の割引情報がばっちり分かる。そんな便利なサイトです。

一方で、「全国レジャー施設割引情報」にも情報が載っていない、最近気になっているクーポンアプリがあります。

4_MuPonUsed.PNG

ミューぽん Mupon: 東京の美術館割引アプリ | Tokyo Art Beat

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

招待券、割引券をタダでゲット! [クーポン・チケット]

4月末に町田に遊びに行った時に、入った博物館やギャラリーのラックをチェックした結果、次の招待券、割引券を発見し、ゲットしました。

IMAG2509.jpg

左側から、東京都写真美術館で開催される

・第44回 2019 JPS展(入場料:一般700円)
第44回 2019 JPS展 会期と会場 | 公益社団法人 日本写真家協会
開催日時:5月18日~6月2日の10:00~18:00

・2019年 第44回「視点」(入場料:一般500円)
JRP 日本リアリズム写真集団 -
開催日時:6月6日~13日の9:00~17:30

の招待券。

・国立博物館の特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」の割引券(100円引)
東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」
開催日時:5月3日~6月2日の9:30~17:00

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

2019年度版「メトロ&ぐるっとパス」を購入したけれど [クーポン・チケット]

ご利用ガイド | 東京・ミュージアム ぐるっとパス2019

2019年4月1日から発売開始された「東京・ミュージアム ぐるっとパス2019」(税込2,200円)を、先日、都心に出かけた時に購入した。ました

2019年ニュースリリース|東京メトロ

購入したのは、東京メトロの24時間券が2枚セットになった2019年度版「メトロ&ぐるっとパス」です。
税込2,870円で、バラバラに買うより530円もお得なんです。
しかも、「ぐるっとパス2019」は最初に利用してから2か月間しか使えませんが、東京メトロ24時間券は、「ぐるっとパス2019」の利用とは無関係に、2020年3月末までの間のいつでも利用できるので、とても使い勝手がいいのです。

「メトロ&ぐるっとパス」は、東京メトロのほとんどの定期券売り場で買えますが、今回は、たまたま遊びに行った豊洲駅の定期券売り場で購入しました。

IMAG2481.jpg

ぐるっとパス2019、東京メトロの24時間券が2枚に加えて、ぐるっとパス2019のパンフレットと、東京メトロ24時間券を見せると利用できる「CHIKA TOKU」特典ガイドが付き、専用のビニールバッグに入れて渡してくれます。

私的には、東京メトロ24時間券は、すぐに使ってしまうと思いますが、「ぐるっとパス2019」は、行きたいイベントなどが多い7月頭ぐらいから使おうかな、と思っています。

さて、ついでですので、「ぐるっとパス2019」関係の追加情報を。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「ぐるっとパス2018」3冊目で行った施設 [クーポン・チケット]

02_o.jpg

東京・ミュージアム ぐるっとパス2018

2月末に、ネットフリマで購入した「ぐるっとパス2018」の3冊目で、結局、次の施設に入ることができました。

・国立新美術館(企画展 -100円割引)
・森美術館/六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー (入場券 -200円割引)
・埼玉県立美術館(インポシブルアーキテクチャー展 1,200円)
・そごう美術館(千住博展 1,300円)
・目黒美術館(600円)
・地下鉄博物館(210円)
・林芙美子記念館(150円)
・ちひろ美術館・東京(800円)
・旧岩崎邸庭園(400円)

9か所で4,960円。

期限まではもう少しあるのですが、おそらく、もう期限までに休みが取れそうにないので、これで終わりだと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

小田急電鉄も「1日全線フリー乗車券」を発売、ただし・・ [クーポン・チケット]

odakyufree.png

小田急「1日全線フリー乗車券」の使いこなし方。年4回の定期発売へ | タビリス

小田急電鉄も、期間限定ですが、「1日全線フリー乗車券」を発売することになったそうです。

発売期間は、年4回学休期のみということで、本年度は、次の4期間。

・2019年3月21日~4月5日
・2019年4月28日~5月6日
・2019年7月1日~8月31日
・2019年12月25日~2020年1月10日

販売は、小田急線各駅窓口および券売機、小田急トラベル各店舗(一部除く)で行われます。
通常は、利用期間の1ヶ月前から発売になるそうですが、初回のみ、利用開始日の3月21日からの発売になるそうです。

終点に巨大観光スポットを持ち、途中駅にも魅力ある街を抱える小田急なので、これはメデタシ、メデタシと言いたいところですが、問題はその価格設定。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - クーポン・チケット ブログトップ