So-net無料ブログ作成
都市開発 ブログトップ
前の5件 | -

ダイエー横浜西口店が閉店していた [都市開発]

先日、横浜駅西口の商店街を歩いていたら、見慣れていた景色が変わっていてびっくり。

IMAG2462.jpg

ダイエー横浜西口店がいつの間にか閉店していて、看板もすべて取り外されていたからです。

ダイエー横浜西口店が2月11日に完全閉店。2023年完成見込みの商業施設にはイオンが入居予定 - [はまれぽ.com] 横浜 川崎 湘南 神奈川県の地域情報サイト

ニュースをチェックしてみたら、2019年2月11日に、建物の老朽化を理由に閉店したらしい。

ここは、1968年に、前身のスーパーマーケット「サンコー横浜西口店」が現在の本館で開業し、その後、1971年に営業権がダイエーに譲渡され、現在の新館を増床し、1972年4月に「ダイエー横浜ショッパーズプラザ」として新装オープンしたそうです。

私が、初めて見たのは、当然ダイエーになった後ですが、就職して横浜に引っ越し、初めて横浜をぶらぶら歩いた時以来ですから、ずいぶん前です。

その後も、新館はダイエーに代わり「あおい書店」が入ったり、中古CD/レコードの「レコファン」が入ったりと、入れ替わってはいましたが、ダイエーの倒産にも負けず存続してきたので、まさか完全閉店することになるとは思いもしませんでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

南町田に「グランベリーパーク」が2019年秋開業 [都市開発]

南町田駅周辺の再整備:東京おじさんぽ:So-netブログ

以前、南町田駅にある「グランベリーモール」が駅前再開発のために、閉鎖されたことを、お知らせしたことがありました。

guran01_thumb.png

南町田、グランベリーモールから「グランベリーパーク」に 2019年秋開業 - 相模原町田経済新聞

その商業施設「グランベリーモール」が、名前も「グランベリーパーク」に変わり、予定より少し早く、2019年秋に開業することが発表されました。

豊かな自然を感じながら異なる楽しみ方ができるという7つの広場で構成し、店舗面積は5万3000平方メートル、店舗数は約200店と、「グランベリーパーク」時代のおおよそ倍の規模に拡大されます。

併せて、南町田グランベリーモール跡地と鶴間公園を含む街の名称を「南町田グランベリーパーク(GRANDBERRY PARK)」と呼ぶことにしたそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

泉ゆめが丘地区再開発の計画が3年延期に [都市開発]

2018-12-10s.png

泉ゆめが丘土地区画整理事業のその後の進捗:東京おじさんぽ:So-netブログ

相鉄いずみ野線ゆめが丘駅と、横浜市営地下鉄下飯田駅の間を結ぶように計画されている「泉ゆめが丘土地区画整理事業」については、過去にも何度か状況を報告してきた。

当初の完成予定が、2020年3月31日となっており、2019年には、一番の核となる大規模商業施設の工事が始まる計画になっていたので、そろそろどんな商業施設が入るのか公式発表があるのではないかと、チェックしていたのだが、全く音沙汰なし。

IMG_6598.JPG

〈公式〉泉ゆめが丘土地区画整理組合

先月も、再開発のエリアを歩いてみたが、まだ下水管や貯水池などの工事が行われている状況で、商業施設が立つエリアは何も全く手つかずの状態だった。

泉ゆめが丘地区土地区画整理事業 - ■土地区画整理事業

どうしたのだろうと不思議に思い調べてみたら、公式サイトには何も情報がないのだが、こちらのサイトによれば、完成予定が2023年3月31日に、いつのまにか延期されたみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

JR東海道線「村岡新駅」整備の本当の意義 [都市開発]

以前から、JR東海道線の大船駅と藤沢駅の間に、新たな「村岡新駅」を作ろうという計画があることは、地元のニュースでも何度か流れたので知っていました。

ただ、なぜそこに駅を作るのか、という意味については、東海道線の車窓から見える武田薬品の大きな建物から、あそこに通勤する人たちが便利になるからかな?といった程度にしか考えたことがありませんでした。

「村岡新駅」整備負担年内合意へ 神奈川県、藤沢、鎌倉市|カナロコ|神奈川新聞ニュース

先日のニュースによれば、「村岡新駅」の整備に必要な費用の負担について、神奈川県、藤沢市、鎌倉市の3社が合意したそうです。

ここで疑問が湧きました。

「村岡新駅」の予定地は、完全に藤沢市なのに、鎌倉市がなぜ関係があるのでしょうか?

そう思い、調べ始めたら、この「村岡新駅」というのが、思いの外、ビッグプロジェクトであることが分かってきました。

まず、藤沢市側の事情が、思ったのと違いました。

武田薬品、湘南の研究員を3分の1程度に  :日本経済新聞

「村岡新駅」予定地のそばには、元々武田薬品の広大な工場があったのですが、その工場が廃止になり、その後に、武田薬品の湘南研究所ができたものの、それも世界的な研究開発機能再編により規模が縮小され、2017年までに人員が現在の3分の1程度になってしまったらしいのです。
なので、武田薬品のために「村岡新駅」が作られる、という認識は少し的外れのようです。

また、そんな現状なので、駅前予定地付近には、巨大なフットサル場やテニスコートが広がっていますが、あまり有効に活用されているとは言えない状態となっています。

fukasawa.png

村岡新駅周辺地区まちづくりガイドライン|藤沢市

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

米軍施設跡地は何になる? 神奈川編 [都市開発]

瀬谷区にディズニーランド!? 街頭演説で前代未聞の誘致案を披露する謎の人物に直撃取材![はまれぽ.com]

少し前に、瀬谷区にディズニーランドができるらしい、という噂がネットで広まりました。
そのこと自体は何も根拠がないデマでベルの話だったのですが、

simoseya.png

米軍から旧上瀬谷通信施設という巨大な敷地が、日本に返還されたことから、出てきた噂であることを知り、こうした米軍施設が返還された後、どんな施設に生まれ変わる可能性があるのか、調べてみました。

JR相模原駅裏の米軍施設にスポーツ・レク施設を整備! その概要は?[はまれぽ.com]

直近では、JR横浜線相模原駅から矢部駅の北側にある在日米軍施設「相模総合補給廠」が部分返還された跡(10万平方メートル、横浜スタジアム3.8個分)の一部に、軟式野球場1面と多目的フィールド3面、芝生広場を有する「相模原スポーツパーク」を整備し、2018年度の全面開園を目指しているそうです。

相模原駅前に「大規模商業施設」想定 市が整備計画案を公表 - 町田経済新聞

相模原市では、リニア新幹線新駅ができることもあり、さらに「相模総合補給廠」が返還された跡地に、商業施設、コンベンションホールやスポーツ施設、美術館、国の基幹防災拠点などを建設する予定があるそうです。

本音の地域ニーズを訴え、小田急や米軍と連携 | 新・公民連携最前線 PPPまちづくり

部分返還された「キャンプ座間」は、病院、保育所、介護施設などが整備することになったようです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 都市開発 ブログトップ