So-net無料ブログ作成
観光スポット ブログトップ
前の5件 | -

向ヶ丘遊園跡地にできる予定の施設 [観光スポット]

先日、生田緑地近辺に遊びに行ったときに、元々向ヶ丘遊園があった跡地一帯が、工事中で入れなくなっていることを知りました。

CIMG0036.JPG

向ヶ丘遊園の跡地の一部は「生田緑地ばら苑」として一般公開されており、一部は「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」ができていますが、大半は未利用のまま。

CIMG0041.JPG

名物だった大階段も、植物のつるに覆われてしまっています。

CIMG0040.JPG

このエリアはどうなるのだろうと調べてみたら、既に再開発が決まっていて、工事にも着手しているみたいなので、それをご紹介しておきます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

一度は行ってみたい、ちょっと遠い観光スポット [観光スポット]

普段は、鉄道を使って、日帰りで、東京都内、神奈川県内の街歩きをやっているのですが、それ以外のエリアで、一度は見に行きたい施設もたくさんあります。

DSC_0108.jpg

川越散策に行こう!(観光案内)

川越は、奥さんが行きたいというので、一度遊びに行きました。ただ、夫婦ともにたまたま休みだった、ゴールデンウィーク明けの月曜日に行ったら、あちこちの施設やお店が休んでいて、十分な観光ができたとは言えません。もう一度行きたい気分です。

IMG_0691.JPG

国営ひたち海浜公園 ? 海と空と緑がともだち。ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

こちらも、今年、ゴールデンウィーク中に、夫婦で行きました。ネモフィラの最盛期に行けたので、満足です。

それ以外にも、行きたい場所が溜まっています。

・かねふくめんたいパーク大洗
めんたいパーク大洗 - めんたいパーク一覧 - めんたいパーク | 明太子のテーマパーク
ラジオCMではお馴染みですが、茨城県の大洗海岸にあり、「ひたち海浜公園」とも近いのですが、時間が足らず行けませんでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

綾瀬市の「陽だまり公園」 [観光スポット]

我が家からコストコ座間倉庫店に買い物に行った帰り、綾瀬市内のある道沿いをたまたま通ったら、綺麗に色とりどりの花が咲いた大きな花壇を見かけたことがあり、これがなんなのか以前から気になっていました。

a000757941_01.jpg

花に特化した公園 手作りの東屋が完成 綾瀬 | 社会 | カナロコ

先日、たまたまこのニュースを見つけ、どうやら私が見たのは、この「陽だまり公園」(同市深谷中2丁目20)という、比較的新しく出来た公園だったことが分かりました。

公園と言っても、子供用の遊具などはなく、水飲み場、トイレなどの施設もない、綾瀬市内で唯一「花」に特化した街区公園で、広さも、それほど大きくはないのですが、園一杯に花が咲き誇る公園となっています。

2017年4月にオープンしたそうで、市が綾瀬市シルバー人材センターに整備・管理を委託し、一年を通して季節の花を植栽しているそうです。
また、並行して、廃棄物などを再利用した園路やベンチ、動物のオブジェなどを、順次手作りして整備してきましたが、2019年4月には、直射日光を避けて休憩でき、約1mの高さから一面の花壇を見下ろせる本格的な東屋が、完成したそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

旧博物館動物園駅の一般公開を見逃した [観光スポット]

photo05.jpg

旧博物館動物園駅|京成電鉄

旧博物館動物園駅というのは、京成電鉄の日暮里駅~上野公園駅(現・京成上野駅)の中間に位置する駅として、1933年12月に開業したのですが、当時、駅の場所は、上野公園で皇室で代々引き継がれてきた「世伝御料地」という特別な土地だったため、御前会議での天皇陛下の勅許を得て、地下トンネルを掘り、地上の駅も品格のある建物を求められ、西洋風の石造りとなったのだそうです。

その後、利用者の減少により1997年に営業を休止、2004年に廃止とっていましたが、2018年に、景観上重要な歴史的価値をもつ建造物として、鉄道施設としては初めて「東京都選定歴史的建造物」に選定されました。

京成電鉄、「博物館動物園駅」を廃止後初の一般公開。地下に出現した“触れる博物館アート”を見てきました! 11月23日~2019年2月24日公開 - トラベル Watch

それもあって、東京藝術大学と連携・協力して駅舎のリニューアルを行い、期間は2018年11月23日から2019年2月24日まで、一般公開することになりました。
地下の駅構内には、東京藝術大学とコラボしたアート作品も見られる企画となっていました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

中部空港に商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」オープン [観光スポット]

Screenshot_2018-08-10-2018年10月12日金、セントレアに新しい施設が誕生!FLIGHT-OF-DREAMS-840x480.jpg

ボーイング機がすっぽり入った商業施設 中部空港に開業:朝日新聞デジタル

中部空港セントレアに、10月12日(金)、新たな商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」がオープンしたそうです。

地上4階建ての施設で、目玉は、何と言っても、施設の真ん中の吹き抜け置かれた、米ボーイング社の航空機787の実物でしょう。

館内は、体験型コンテンツを楽しむ「フライトパーク」、飲食・物販店が集まった「シアトルテラス」の2エリアに分かれ、「フライトパーク」は、「航空について楽しんで学ぶ」をコンセプトに、床をスクリーンにして映像を映し出したり、次の9種類のアトラクションが楽しめるそうです。

・プロジェクションマッピング「フライウィズ787ドリームライナー」
・航空機の組み立て工程を体験できる「ボーイングファクトリー」
・奏でる!紙ヒコーキ場
・お絵かきヒコーキ
・キャビンアテンダント体験「エアラインスタジオ」
・ボーイング787コクピット見学
・専用スマホアプリを利用した「歩いて集める飛行機図鑑」
・「シアトル航空博物館ワークショップ」
・「787シミュレーター」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 観光スポット ブログトップ