So-net無料ブログ作成
観光行政 ブログトップ
前の5件 | -

横浜がIR誘致に名乗りを上げたが、改めてカジノ誘致について [観光行政]

yokohama.jpg

横浜がIR誘致、山下ふ頭がカジノ候補地 反発は必至:朝日新聞デジタル

横浜市が、カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する決断をしたというニュースが流れて、反発の声が上がっているという。

横浜港の山下ふ頭に整備し、2020年代後半の開業を目指すというが、山下埠頭から立ち退くことになる横浜港運協会の藤木幸夫会長というドンも、早速反対を表明し、市民団体や議会からも反発の声が上がっているという。

林市長が「白紙」としてきた従来の姿勢を、突然変えたのも、反発を生む原因となっている。

林市長としては、横浜市の人口減少が進み、経済の活力低下や財政悪化が進むとの見通しを示したうえで、宿泊せずに日帰りする観光客が多く、1人あたりの観光消費額が全国と比べて少ないことなどが課題とし、「IRはこれまでにない経済的社会的効果が見込まれる」と考えているようだ。

別の記事によれば、林市長が方針転換した裏には、横浜が地盤の菅官房長官の意向もあるという。

おそらく、政権与党としては、富裕層の海外来客が集まる首都圏にも、カジノを作りたいはずだが、なかなかいい場所がない。
富裕層もよく利用する大型旅客船は、年々大型化が進み、今や、橋が邪魔で東京港には入れない。横浜港にも入れないのだが、外洋に直接面した山下埠頭であれば、いくらでも大型旅客船が接岸できる。羽田空港も比較的近い、ということで、首都圏にIRを作るとしたら、候補地はここしかなかったのだろう。

以前にも書いたと思うが、もう一度書いておきたい。
私自身は、日本にカジノを作ることには、反対ではない。

まず、根本にあるのは、日本は高齢化が進み、それを支える若い人口も増えず、人工は当面減り続けるのは間違いないことがある。
その中で、観光業は、効率よく外国人から税金を稼げる重要な産業であり、その中でもカジノは、富裕層を対象とした高効率の産業なので、しっかり管理しながら、うまく利用しない手はないと思うのだ。

ただ、カジノに対する日本人のイメージは、あまりよくない。
そもそも、日本人のほとんどは、カジノに行ったことはないから、そのイメージは映画などのフィクションからのものだろう。
それは、あまりに情報が古い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

次の世界遺産は何? [観光行政]

ef517e86-04c1-11e8-b3d8-06326e701dd4.jpeg

仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」世界文化遺産へ登録決定 - ねとらぼ

先日、仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」が、世界文化遺産に登録勧告されたことをお知らせしたが、7月6日にようやく正式に登録されたそうです。

仁徳天皇陵は、最近、誰の墓なのか諸説あり、確定していないことから、教科書では大仙陵古墳または大山古墳と呼ばれているという豆知識を聞いたことがありますが、世界文化遺産への登録では、宮内庁が仁徳天皇のお墓として管理している現実を踏まえ、おそらく、その方が、登録に有利と考えたのか、「仁徳天皇陵」という名称で登録手続きを行ったようです。

また、仁徳天皇陵というと、子供のころ、遠足で行った記憶はあるのですが、ご存じの通り、あまりに巨大なため、うっそうと木が茂った丘のようなものが見えるだけで、子供には全く面白いものではなかったなぁ。

実際、観光という面ではこれは大きな問題のようで、その解決案として、VRを活用したり、気球を飛ばして陵墓全体が見えるツアーなどの計画もしているようです。

これで、国内の世界遺産は23件目で、文化遺産19、自然遺産4となりました。

さて、世界遺産の審議は、今は毎年一国一件の縛りがあるので、来年は、日本は何の登録を狙っているのかが気になるところです。

奄美・沖縄の世界遺産再推薦を閣議了解 来年登録狙う - 沖縄:朝日新聞デジタル

東京新聞:奄美・沖縄を再推薦へ 世界遺産20年登録目指す:政治(TOKYO Web)

調べると、自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の登録を狙い、準備を進めているようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産登録へ [観光行政]

ef517e86-04c1-11e8-b3d8-06326e701dd4.jpeg

「仁徳天皇陵」含む古墳群、世界遺産に 諮問機関が勧告  :日本経済新聞

世界文化遺産への登録を目指していた「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)が登録すべきだと勧告したそうです。日本からの登録は6年連続となります。

仁徳天皇陵古墳(大山古墳)など日本政府が推薦していた49基の古墳すべてが対象となっており、6月に始まるユネスコの世界遺産委員会で正式に登録が決まる見通しだそうです。

推薦した古墳すべてとはいえ、これまでの事前審査の中で、保存状態のよくないものは、自主的に推薦から除外した上での49基なので、そのこと自体は特筆することでもない。

勧告は、古墳群を「傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明している」と評価しており、「顕著な普遍的価値」を認め、資産の価値に関する疑問点などの指摘はなかったそうです。

仁徳天皇陵をはじめ宮内庁が皇室の祖先の墓とする「陵墓」が29基含まれていて、陵墓が世界遺産に登録されれば初めてのことになるそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「来訪神」が無形文化遺産に決定 [観光行政]

1200px-UNESCO-ICH-blue.svg.png

ナマハゲ・アマメハギ…「来訪神」無形文化遺産に決定:朝日新聞デジタル

11月29日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の政府間委員会が開かれ、日本政府が提案した「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することが採択されました。

無形文化遺産に登録された「来訪神」は、次の10の行事となります。

・甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)
・男鹿のナマハゲ(秋田県男鹿市)
・吉浜のスネカ(岩手県大船渡市)
・米川の水かぶり(宮城県登米市)
・遊佐の小正月行事(山形県遊佐町)
・能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)
・見島のカセドリ(佐賀市)
・薩摩硫黄島のメンドン(同県三島村)
・悪石島のボゼ(同県十島村)
・宮古島のパーントゥ(沖縄県宮古島市)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産へ [観光行政]

asset12_img01.jpg

禁教期の宗教文化を評価 「潜伏キリシタン」世界遺産へ  :日本経済新聞

江戸時代、キリスト教弾圧の中で信仰を続けた潜伏キリシタンの歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産として勧告され、登録される見通しとなったそうです。

潜伏キリシタンの関連遺産として認められたのは計12件あるそうで、

・1637年の島原の乱で、キリシタンらが拠点とした「原城跡」(長崎県南島原市)
・信仰を守るために暮らした「天草の崎津集落」(熊本県天草市)
・「頭ケ島の集落」も、信仰のために移住した未開の離島(長崎県新上五島町)
・現存する国内最古の教会、「大浦天主堂」(長崎市)

などがあり、遺産全体の価値が「禁教期にひそかに信仰を続けた独特な伝統の証拠」と評価されたということです。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

詳しくは、こちらのサイトで開設されていますので、ご一読を。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 観光行政 ブログトップ